ごあいさつ





 基本的なことから丁寧に指導し、展覧会作品制作と師範まで学べる教室です。

 昔から”書は人を表わす”書は人の心を写す鏡といいますが、今やワープロの文字が当たり前になって手紙もEメールにとって変わる時代。しかしそれだけに美しい手書きの文字が新鮮で魅力的に映ります。趣味として、高齢者が楽しみながら、ゆっくりと学ばれるケースも増えています。穏やかでゆったりとした時間が流れ心が落ちつき、いろいろの雑念が去り、心が豊かになります。

 教えることは学ぶこととよくいいますが、まさにその通りです。書を通じて沢山の人とのご縁を頂戴し、私自身多くのことを学びました。この書道で出会えた喜びや感謝の気持を皆さんに還元していきたいと思っております。「飽きず・焦らず・諦めず」この3つを深く心に刻み楽しく学んで下さい。

生命ある限り励まん書の道

 財団法人書海社は日本芸術院会員 松本芳翠先生が大正十年に設立され、「書海」競書誌は平成十九年十二月に書道界初の1000号を刊行しました。
 楷書といえば芳翠、芳翠といえば楷書と称され、近代書道史上に輝かしい足跡を残された¨芳翠流¨を皆さんと共に学べる幸せを感じております。

一二三書道院 会長